斬る居合・斬れる居合の龍正館

龍正館は現代武道化された居合道ではなく実践的な居合兵法を目指し、真剣を用いて実際に斬る居合・斬れる居合を研究錬磨継承しています。

ABOUT

最短最速一撃必殺の実戦剣法

禅僧が興した無外流は剣禅一如と言われる引き算の剣術です。極限まで削ぎ落とされ洗練された技の一つ一つは無駄な動きのない美しさを備えている一方で、武士の情けを体現した急所を最短最速で突く一撃必殺の実戦剣法となりました。

江戸無外流とは

斬を極める。気剣体一致の先へ。

鞘の内から抜き打ちをもって斬る。斬る居合・斬れる居合を目指す龍正館では、古今東西様々な刀法を研究し、斬るための理法(切断の原理・原則)を体系づけ、総合居合兵法である龍凰流として研究・錬磨・伝承しています。抜刀してから構えて斬る技法(据物斬り)を体系付けられた先人はいますが、龍正館は抜刀しながら斬る兵法としての抜き打ち(居合斬り)を追求しています。

龍凰流とは

不動心に至る

いついかなるときも不意の出来事に対して平常心で対処し事態を平らかに治むる。居合の道は不動心に通ず。

居合体験

斬るは己の未熟なり

敵に勝つには相手の技をしのぐのみ。自分の技を磨けばよい。自分の心に生じる欲望に打ち克つのは敵に勝つよりむずかしい。これすなわち克己(こっき)なり。

試斬体験